沖縄ダイビングでインストラクターとして働く

沖縄にはダイビングのやり方を習いに来る人が来ますが、ある程度キャリアを積むと指導する側に回ってインストラクターになりたいと考えてくる人も大勢います。ダイビングを行うにはいくつか乗り越えられなければならないハードルがあり、ダイビング初心者がこの障害を越えられるように手助けするのがインストラクターの役目と言えます。

習う人によって性格や体力、学習スピードは異なるので、これまでの経験を活かして個別に指導することが必要になってきます。モチベーションを上げるのは特に大事で、ダイビングを習う人の半分ほどは初めの数回のレッスン後に諦めてしまうと言われています。特に習う人が泳げない女性の場合は不安・恐怖を感じやすいので、しっかりとメンタルケアをしてあげる必要があるでしょう。

しかしインストラクターのお仕事を辛いことばかりでなく、非常にやりがいのあるものです。一生懸命教えた生徒たちが華々しく海に潜って泳ぐ様子を見ていると、やって良かったなと思えるはずです。インストラクターになるにはダイビングスクールで働くことになりますが、お仕事を探すのにもっとも適した場所は沖縄ダイビングでしょう。沖縄にはバラエティに富んだダイビングスクールがあり、常にインストラクターの求人が出ていますし、インストラクターの養成コースも豊富です。

最初はこういったところで指導の経験を積むことをオススメします。最初はマンツーマンで教えるスタイルから始めて、慣れてきたら集団指導に移るとスムーズに行きます。インストラクター次第でダイバーの力量が変わるとも言われていますが、それだけに身が引き締まりやり甲斐を感じるものです。ぜひ沖縄の海で初心者をダイビングの世界へ導いてあげてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加