年齢性別に関係なく楽しめる沖縄ダイビング

沖縄といえば日本の最南端に位置する観光資源の豊富な地域です。合計113もの島から成り立っています。各島を取り囲んでいるのが広大な美しい海です。この海を利用してさまざまなマリンスポーツが盛んに行われています。その中でも特に人気が高いのが、スキューバダイビングとシュノーケリングです。

スキューバダイビングは海に長く深く潜れることを特徴としています。必要な設備は空気ボンベです。スキューバダイビングを楽しむためにはライセンスの取得、もしくはライセンス取得者の補助が必要となります。

シュノーケリングは浅い海専用の遊泳方法です。シュノーケル、ゴーグル、足ひれの3点セットで誰でも気軽に挑戦することができます。ライセンスは不要です。小学生くらいの子どもでも遊泳を安全に楽しむことができます。

こんなスキューバダイビングとシュノーケリング、どちらも楽しめる沖縄の観光スポットといえば青の洞窟です。青の洞窟は、太陽の光が海中を彷徨い幻想的な青さをつくり出す洞窟のことです。沖縄本島の恩納村真栄田岬周辺は、世界各地に点在する青の洞窟のひとつとして位置づけされています。

奥行きの深さは30mほどです。地本民の間ではクマヤーガマという名称で呼ばれ、災害等が起きたときの避難所として用いられていました。この洞窟の海で鑑賞できる魚はツバメウオやクマノミ、ミナミイスズミなどです。たくさんの生き物と一緒に優雅なひと時を過ごすことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です