シュノーケリングにもダイビングにも適した沖縄の海

マリンスポーツという、海を利用したアクティビティの中にシュノーケリングとダイビングがあります。どちらも同じように海に入り、海の中の風景を見て感じて楽しむことに特化した遊びです。

シュノーケリングとダイビングでは海に潜る深さが違います。シュノーケルという筒状の管を咥えて、息継ぎをしつつ進むシュノーケリングでは、海中での呼吸ができないため、あまり深く潜ってはいけません。とはいえシュノーケルのおかげで水面に顔を出さなくても息が継げるので、泳ぎのスキルがなくても素潜りよりは、海中での安定した行動が可能になる特徴があります。

ダイビングはシュノーケルよりも重装備で、空気のタンクを背負って海に潜ります。タンクの空気によって海の中でも普通に呼吸が行えるので、より深い位置まで泳いでいけるのがダイビングの魅力です。呼吸が確保されている状態の安定感から、専門ダイバーのサポートがあれば、泳ぎの苦手な人でも行えるマリンスポーツと言われます。

沖縄ダイビングのスポットはいずれも高い透明度を誇る為、初心者の深くは潜らないダイビングでも、息が続く限りと行動にセーブがつくシュノーケリングでも、普通では見られないくらいの奥深くの海の風景を視認することができます。人間の行動範囲の外で、のんびりと生活する海の生き物たちの姿が見られる、沖縄の海は地球の貴重な宝です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です