プロが教える沖縄ダイビング時のシュノーケルの選び方

shutterstock_274980689

沖縄ダイビングに行く予定があるけれども、初心者なのでダイビングの器具をどう揃えたらいいかわからないという人は多いでしょう。ダイビング初心者の場合、まだ本格的に取り組んでいるわけではないので、そこまで高額な機材は購入しないはずです。購入するとしても、せいぜいフィン、シュノーケルやマスクくらいでしょう。グローブを買う人もいるかもしれません。この中でも特にシュノーケルは、ビーチで遊ぶ人が身につける道具だと甘く見られがちですが、実は重要です。特にボートダイビングを行う際にはボートを停めてからダイビングポイントまで海面を移動する必要があるため、高性能なシュノーケルは必須と言って良いでしょう。素潜りをするような上級者は必ず良いシュノーケルを持っています。

shutterstock_91949441

シュノーケルと言っても大きく分けると種類が2つあります。それは一般のシュノーケリング用のものと、ダイビング用のシュノーケルです。2つの違いはマウスピース付近に蛇腹があるかないかという点です。蛇腹があるシュノーケルは口周りの長さやカーブを調整しやすく、ダイビングをする人には欠かせないものです。一般のシュノーケリングであれば蛇腹のないJ型のタイプのシュノーケルで十分でしょう。選ぶ際のポイントは、通気口となる管が太いモノを選ぶことです。息を吸ったり吐いたりするので、管内が狭ければ当然呼吸も苦しくなりやすくなります。管内が広ければ、呼吸も楽になるのでこちらをオススメします。また管内に水が侵入してこないようにアッパーに弁がついているタイプであれば、波が荒い海を泳ぐときでも安心できます。シュノーケルにはマウスピースの直下には排水室が設けられており少量の水はシュノーケルの外に排出される仕組みが備わっています。この排水室が大きいほど排水能力が高くなるため、購入前には排水室の大きさをチェックしておくと良いでしょう。

このようにシュノーケルの性能をチェックしたら、最終的に試着してみることが大事です。ダイビングショップで売られているシュノーケルは口にはめると商品価値が下がってしまいますから、最初はレンタルしたりダイバー仲間に見せてもらって、マウスピースをくわえてみると良いです。マウスピースは男性用ですと大きめに、女性用ですと小さめに設計されていることが多くなっています。マウスピースのサイズが合わないとすぐに口の筋肉が疲れてくるので、購入する前には必ずサイズをチェックするようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加